サザエさんの家

Posted on 10月 31, 2014

私も『磯野家』サザエさんの家に若い頃に友達10人位で行きました。

確か、サザエさん家の隣にファミレスがあり、そこの駐車場に車を停めて、

駐車場の塀に立て掛けてあったタイヤを足場にして中に入ったと思います。

磯野家と同じ平屋で、今時、珍しいガラス戸の無い廃家。

その家の敷地内だけ何故か森の中のようにうっそうと光が届いて無かった…

霊を見る事はあまりないが、何かを感じる事がある私でも『ここはヤバい!!』

と思いながら廃家の中を壊れ掛けた雨戸越しに覗いたら…

汚い布団が一組ひかれていて…汚い浮浪者が下半身を起こした状態で居ました。

私達の足音や奇声で気付いのか、こちらを凄い形相で睨み付けて、

今にも立ち上がって、こちらに来よう…

霊が出てくるんじゃないかとビクビクしていた私には、

まさか人間の浮浪者が住み着いて居る事にも驚いたし、

そんな噂の多い所を住みかに出来る浮浪者にも驚いた。

私の驚いた声で男女10名ほどがパニック状態で、塀にあったタイヤ目掛けて猛ダッシュ

男子は自力で塀に乗り上げる奴もいたし、女子は泣きわめく子、お漏らしをする子…

無事に全員が駐車場に戻り、皆が口々に「TOMOMY、急に声を出して、何を見たの」

実は皆、廃家の中を覗く事が出来ず、私だけが中の浮浪者と目が合っていたみたいなんです。

今でも浮浪者の血走った目が忘れられません

山神トンネル

Posted on 8月 27, 2014

トンネル脇にある柳?のかかった大きな岩があると思うんですが、

その柳と岩の間から喪服きた上半身だけの人と遭遇したことがあります。。

(因みに仲間数人と行ったんすけど

一人トンネルの中に引き寄せられる感じでフラァ~っと・・・もちろん止めましたが)

そんな体験をした後二度と化けトンには行きたくなかったのですが、

先輩二人がどうしても行きたいと言うので連れて行きました。

途中で完全に道を間違え迷っていると何故か目標のトイレのある通りまで来ていて・・・・

不思議だなと思いながら先輩二人をトンネルまで連れて行きさっさと帰ろうとしたんですが、

あそこって微妙に夜景が見えるんですよね。

トンネルを背にして見てたんです。

そしたら風もないのに自分の襟足部分だけがサッサッサッと揺れたんです。

間違いなく振り返ったりしちゃ駄目だなと思い。

先輩に理由を告げずに「とりあえずもう行きませんか?」と言って車に引き返し急いで下山。

近くのガソリンスタンドに着いた時に一人の先輩が

「何かされたでしょ?あれね、途中の階段にいた白いおじさんだよ。」

???

この時はまだ誰にも何も話していないのに・・・先輩にはわかったみたいでした。

二度と行かないっす。

小机城跡地

Posted on 5月 13, 2014

小机城跡地での体験…

女の子2人…

男の子4人…

合計6人で行った時の話デス。

季節マデゎハッキリ覚ぇてナィケド、冬だったハズ☆

飲み会の帰り…

新横浜にぃた、ぁたし達ゎ「心霊スポット行きたぃね」ってなりました。

でも、新横浜にゎ有名な心霊スポットがなぃ為…

「小机城行こぅょ」

って話になり山マデ歩ぃて行きました。

入口ゎ、民家の先の先の畑みたぃな場所にぁり見つけてる時も真っ暗だし嫌な雰囲気…

順番を決め中に…

仲良かった男の子Oクンとぁたしが先頭…

1人霊感がスゴィ強ぃ男の子以外、みんな霊感なぃ為、ャバかったら言ぅょぅにしてもらぃました。

クネクネした道を歩き…

トィレにゎ街灯がっぃてぉり「トィレに数人、霊がぃるね」って…

霊感強ぃ子に危なぃ霊なのかを確認した所、被害加ぇなければ大丈夫との事…

歩く事15分くらぃ…

Oクンが急に…

「ココゎャバィ…。すぐ戻ろぅ。」

ぁたしゎOクン置ぃて、もぅダッシュッッで逃げたょね(笑)

小机城を出てカラ聞ぃた話…

ちょぅど…

曲がる場所に差し掛かる奥の方に、大きな黒ぃ人影と黒猫がぃたそぅです。。。

小机城跡を後にして…

Oクンが…

肩が重ぃとぃぃだし…

霊感強ぃ子がぉ祓ぃをして少しゎラクになったみたぃです。

霊感強ぃ子にも…

取り付ぃたらしく左手が急に冷たくなり、ぉ祓ぃしても少しの間ずぅーっと冷たかったです。

その数日間後…

Oクンから聞ぃた話です。

小机カラ少し近ぃS団地に友達と午後に遊んでぃたらしく、

疲れたカラたばこを吸ってベンチに横になってぃたみたぃです。

本人ぃゎく知らなぃぅちに寝てぃたらしく…

目を覚まして起きたら…

「小机城跡にぃた。」

との話です。

みんなと一緒に歩ぃた場所の更に奥にぃたらしく…

坂を上ったテッペンの橋の前で目を覚ましたらしぃです。

本人ゎ自分が、小机城マデどぅゃって来たかも全く覚ぇもなきゃ知らなぃらしく…

ただ…

ただ…

目を覚ましたら…

「小机城跡」の奥にぃたとの事。

これゎ…

友達が実体験した実話です。

当時ゎ小机城跡地が心霊スポットとも知らなかったので…

ぁとぁと…

心霊スポットの本見たら「小机城跡」が載ってました。

旧善波トンネル

Posted on 5月 09, 2014

秦野市の善波トンネル付近にそれはあってね。

どう考えても不自然なんだ。

看板の上には観音様が祀ってあって 、夜には照明も点くようになってる。

観音様があるだけならお寺さんの案内看板かと思うけど、

その看板に書かれている文言がちょっと変なんだ。

『もう死なないで順一』

もう死なないでってことは既に死んでいるって事だよね?

何度も死んでるって事? なんで?

以下は看板にまつわる噂話になるんだけどね

小学生の男の子 順一君が看板ある場所で亡くなったそうです。

脇道から国道246号線に出る際に自転車が止まりきれずにダンプカーに巻き込まれた。

その後その場所では自転車が飛び出してきて車に轢かれる。

運転手が降りるとぶつかった形跡はない。

しかし、目の前に飛び出してきて、ぶつかった音まで聞こえた。

こんな事が幾度となく続いたために、

遺族の方が供養の為と順一君に自分が亡くなった事を教える為に建立したそうです。

今では看板は撤去され看板の立っていた土台が残っているだけになっています。

聞き間違えだと思われる自身の体験談

当時、友人宅が近くにあったため事ある毎にそこを通っていた

深夜、いや、明け方直前って時間 、睡魔と戦いながら運転中の事 、

実際には戦いに負け8割方眠りながら運転していた。

急に「ガシャーーーン」

何かを轢いてしまった音が…

眠気は一瞬で吹き飛んだ

正直「やってしまった…」って気持ち。

居眠りしていたのは確実だから。

しかし、ミラーには何も映っていない

恐る恐る車を降りて確認する。

音がして衝撃もあった。

が、しかし車には傷一つなく轢いてしまったであろう物は何一つ見あたらない。

いや、一つだけあった。

見上げた先には「もう死なないで順一」の看板がそこに…

まぁ話は色々聞いていたし場所が場所だし、ほぼ眠っていたし夢を見ていたんだろうね。

って事で、コレはヲレの空耳って事になってる。

箱根峠

Posted on 3月 09, 2014

あれは5~6年前、まだ長距離トラックのドライバーをしていた時の話です。

大阪より千葉に向けて東名高速を走っていると、いきなり事故通行止めの看板。

246号線は、迂回した車で深夜なのに大渋滞。

しょうがないので、ほとんどトラックの通らない1号線へ迂回したオレ。

しばらくは順調に走っていたが、問題の箱根越えにさしかかった。

登りは道幅も広く走りやすいので、『ココが正解だったなぁ。』などと思いつつも峠を越えて下り坂になった。

この辺りは走った事のある方はご存知だと思うのですが、道路の片側が山で反対はガケになっています。

半分位下った時、前方右側にぼんやりと灯りが見えてきた(この時はまだかなりの距離があった。)。

近づいていくと、だんだんはっきりと見えてくる。

その灯りまで約10mに近づいた時何人かがテーブルを囲んで食事をしているのが、確認できた。

そして、右側に見えるので右カーブだと思いハンドルを右に切ろうとした瞬間、

いきなり目の前にガードレール、慌ててブレーキを踏み左にハンドルを切って、事なきを得た。

背筋に冷たいものが走った。

そして、何気なく車内の外気温計を見るとー3℃。

ここで気が付いた、こんな寒い夜中に誰が外で食事する?

また見てしまった・・・・。

思わずバックモニターの電源を切り、ミラーも見ない様にして、右足に力を込めてアクセルを踏んだ。

30分後、やっと街中に入りホッとしたのを覚えている。

あの時ほど、コンビ二が有難かった事は無い。

横須賀のHビル

Posted on 2月 23, 2014

横須賀にHビルというのがあります。

一階は、いま整体院になっています。

本当は、わたしはそのこの一階で、お店を開店する予定でしたが、色々有りすぎて怖くて撤退しました。

もともとは繁盛した酒屋さんをやていたようですが、

いつの日か閉店してその後、暴力団の事務所になり。

暴力団が、出た後は廃墟のようになっていました。

私が行ったときには、なかは廃墟で工事を途中でやめたようで

建築資材のごみが山積みで店内に入るのも一苦労でした。

そのゴミの処理と掃除をしてくれたら、敷金礼金なし

で格安で貸してくれることになっていました。

なので一緒に経営をする友人一家と一緒に2ヶ月間かかって掃除をしました。

しかしその途中に、私の主人は顔面麻痺になり、

パソコンは原因不明で液晶が割れたり前日買ったリュックの突然切れたり続きました。

あまりに恐ろしいので、友人の知り合いのインドで修行したお坊様に来て頂いたところ

「火葬場」の様な場所でお店を開くのかと驚かれてしまいました。

その後も色々有りましたが、来て頂いたお坊様のパートナーがお坊様の息子さんに惨殺され。

私は・・・乳がん発症し治療中です。

お手伝いをして頂いていた、知り合いのおばさんのお嬢さんも癌発症だそうです。

その後聞いたところに寄ると、ビルのオーナーのお母様は

お店の改装を手がけて居る途中にお店の2階のお風呂で溺死されたようです。

改装を頼まれていた工務店の監督は、脳梗塞で半身不随だそうです。

写真は撮りましたが、たくさんの顔と白いオーブが沢山写ったので怖くてお店に置いてきました。

いまお店の場所は、整体院をやっているのですが、あんな霊現象の凄いところで癒しの仕事とは・・・・

藤沢市の某廃墟

Posted on 11月 05, 2013

あれは確か、部活の練習の帰りに体験しました。

メンバーはテニス部員の友人5人で廃墟に行こう。という意見が出て、皆で行きました。

その日は昼間だったので廃墟の中もよく見えました。

廃墟は2つにわかれているので、最初に大きいほうの廃墟に入りました。

内部の構造はかなり古く昭和時代に建てられたものだと思います。

雰囲気もかなり怖く、皆もビビってました(汗)

とりあえず、進まなければ話にならないので廃墟に突入。 

一階は洗面台があり浴槽のような物も見えました。 

さほど怖くなかったので調子に乗って2階に突入しました。

階段の作りがとても古く何度か転びそうになりました。

2階は和室が二部屋あり、大量の札の様なものが

貼ってありました。私は戦慄度MAXです^^;

二階も満喫したので、隣の廃墟に行きました。

今思うと、ここで止めておけばよかったと思います。

先ほどの廃墟で友人が数名ダウンしたので私とS君で行きました。

家の中をじっくり見たいので玄関から行こうとしましたが、鍵?というか開かないので断念しました。 

という訳で縁側から突入。

私が縁側に行くと、S君が硬直していました。

すると、「うわあぁぁぁ!」と叫んでダッシュで逃げ出しました。 とりあえず私もダッシュで退却。

後でS君に話を聞いてみると・・・。

浮浪者がこちらを血走った眼で睨んでいたそうです。

それから私はあそこの近くを通らないようにしてます。

旧登戸病院

Posted on 10月 13, 2013

登戸の旧登戸病院は最恐です。

地下一階に手術室・霊安室があるのですが二部屋ともお札びっしりそして圧巻なのはさらに奥の部屋。

倉庫みたいな部屋でプラスチックの樽が無数に置いてあるのですが、蓋を開けてみると何と…

人間の脳みそがホルマリン浸けにしてあるのです

しかもその脳みそ一つ一つに名前が書いてありリアル過ぎです

十年位前に二十人くらいで行ったのですがハンパなく恐かったです。

二、三人で行ってたら発狂してましたね

あとこれは友達の話しなのですが、別の日に男四人で行ったらしいのですが、

2階に差し掛かった瞬間、院内放送が流れたらしいです。

しかもそのラジオの内容が、軍歌なのか?何なのか、昭和テイスト溢れる感じだったらしいです。

(電気なんて通っているとは思えないのに)

男四人逃げたらしいです。

旧長瀬トンネル

Posted on 8月 21, 2013

それは、高校時代のときの話なんですが自分は昼間は仕事、夜は夜学に通っていたんですよ

で、夜学というのは結構自由で、16才になってすぐ原付免許をとりバイク通学も申請すれば出来たので

バイクで通学していました
夕方から授業が始まり20時過ぎに授業が終わり、そのあとにクラブ活動があって遅いときは21時22時になるのが

多かったんですよ
そこでやはり夏休み前ですかね

クラブも終わり友人とバイクでツーリングしようって

話になり、友人3人と出かけました
横須賀、走水、観音崎とドライブをして

浦賀を抜け、久里浜港に抜ける裏道を通ろうと
結構暗い道で山を越える道だったと思います
そこでふと、友人が停車したので
「どうした?」
「いや、此の先やばいとこだって噂がある」
と言うんです
「なにかある?」と自分が聞くと
此の先にトンネルがあって昔

処刑場だったとかで。。

トンネルの中に出るって噂だと・・
「おいおい、いまはちゃんとしたトンネルだろう?」

もうひとりの友人が言うんですよ
「それにすぐそこじゃん」
「トンネル抜けたら久里浜港だろ、いっきに抜けたらいいよ」
というので

「じゃあ飛ばそう」ということで
3人でトンネル方向に向かって走り出したんです
しばらく走るとトンネルが見えてきました
やばいな~まっくらじゃんと思いながら

進んでいくと

トンネルの出口が見えないんですよ

あれ?

明かりがみえるな~と
ああ。あれが出口か
と思い。。前に2人で自分は最後尾を走っていたときです

後ろに。いや~~~な気配を感じたんですよ
そのままトンネルに侵入したときです
バイクのうしろで。。

カサカサカサ・・って聞こえた気がして

バックミラーをのぞくと
( ̄□ ̄;) !!

白い光?。。。なに?

見えたんです

その光が追ってくるように
だんだん近づいてくるのが。。わかるんです
でも前の2人は気がついていないようで

そのまま、進んでいって、みてると。。かすんでるようで

やばいよ~これは

前は、かすんで、後ろから、エタイの知れない光

( ̄□ ̄;) !!ヤバイヤバイヤバイ

とおもいアクセルを全開でも後ろの光のほうが

早く感じ、、

早く抜けないと。。。

必死でした

トンネルのちょうど中間あたりでやっと出口の光が見えたと思ったら

脇を生ぬるい風が

と同時に。。。。首らしいものの影が・・

でたでた~~と

必死に逃げました・・・

後で、友人に聞いたら

やっぱお前も何か見たか?

おれも、、見えた

3人とも同じような感じがあったようで、やはり噂は本当だったなと
そのとき友人のバイクに

髪の毛らしいものがついてたのを見つけ

また、ぞっっとしたのを覚えています

あれは、そこで処刑された霊だったのでしょうか

トンネルを抜けた先には、少年刑務所があったとも聴いています

何か、関係あるのでしょうかね~

今はそのトンネルは封鎖され、脇に新しいトンネルもでき道路も広げられ、綺麗になってます

しかし、トンネルは封鎖されてもまだ存在していますトンネルの近くには、慰霊碑らしいものもあるそうです

つい最近そこに行きましたが・・・

いい感じではないのを覚えています

夜はやはり怖いですよ~~~~

怖い体験でした