高3の夏野郎13人(だったと思う)で泊りがけで海に行ったのよ

Posted on 4月 4, 2015

え~ともう10年ぐらい前俺がまだ高校生のときの実体験を

高3の夏野郎13人(だったと思う)で泊りがけで海に行ったのよ
んで当時バイトはしてたけど遊ぶ金しかなかったから皆で砂浜で野宿に
でも興奮して寝れなくて花火やら肝試しやらしてたんだけど
その砂浜のとこにでっかい潰れたホテルがあってね地元ではなんかでるって噂の場所だったんだ
やっぱそーゆー所って興味があるじゃない
で誰かが「あそこの中入ってみねえ?」って言い出した
拒否(びびり)5 眠い3 残りがいけいけ(俺は当然びびりw)
そんでいけいけの奴らが窓ガラス割って中に進入
6階か7階建ての4階ぐらいで懐中電灯の光が見え奴らが窓際にきた
そんでこっちに向かって手を振っていたその時に・・・
そいつ等5人が横並びになってたんだけどその後ろに女がいて後ろをスゥーって通り過ぎたんだ
しかも歩いてる感じではなく滑ってる感じ
それ見て俺はびびって「お前ら後ろ後ろ」って叫んだ
そいつ等は気づいてないみたいで「は?志村か?w」とか言ってるし
しかも見たのは俺だけじゃなくて下にいた奴8人中7人が見てて
皆「逃げろ!」とか「後ろ!」とか叫んでるけど気づかない
そうしてる内に女は消えた

女が消えてさらにびびる下の面々
しかし行った奴らは自分達をびびらそうとしてると思ったらしく「そんなんじゃびびらねーよ( ´,_ゝ`)プッ」
てな感じで降りてこない
そんなやり取りをしていると5階に人影が
最初はそいつ等の中の一人かと思えばさっきの女だった
そこでまた俺ら下の面々が絶叫
さっき見えてなかった奴にも見えたみたいでそいつも叫んでた
俺達が絶叫したその瞬間女がこっちを見た・・・そして消えた
とにかく初めて幽霊?みたいなものをみてびびりまくってた俺達は消えた事でちょっと安心したんだ
そして上の奴らに降りて来いと言おうとそっちを見ると
上の奴らがこっち見て呆然としてて少しして「○○後ろ!」と叫んだ
そして皆が振り向くと・・・
さっき5階にいたはずのその女が○○の後ろにいた・・・
滅茶苦茶びびって俺腰抜かす 友人数名気絶 その他の奴も動けない
まあ後はなにがなんだか俺はわかんなかったが数名の友人達の証言によると
髪で顔は見えなかったらしいが目だけはぎらついてたらしい
そんで少しして消えたとのこと

今現在でもそのホテルは残ってるがもう2度と行く事は無いと思う
その時のメンバーはいまだに健在だが皆体のどこかに障害を持つ身になった
俺は右目と右耳がダメになった
しかも皆その体験後1ヶ月でなにかしらの障害を持つようになった
あれが原因なのかはわからないけどね・・・


Categories: 未分類


Comments are closed