現在の日本ではシングルマザーという家族形態も珍しくない。

Posted on 3月 3, 2015

現在の日本ではシングルマザーという家族形態も珍しくない。

これはそんな家庭を襲った悲劇である。

Aさんは生まれたばかりの赤ちゃんと二人暮らしで身寄りもなく、役所からの生活保護で暮らしていました。

ある日、Aさんは近所のスーパーに買い物に行こうとしました。

しかし、Aさんは不幸なことに途中で事故に遭い、帰らぬ人となってしまいました。

運の悪いことにAさんは現金しか持っておらず、身元を証明する物がなかった。

加えて引っ越したばかりなのでAさんのことを近所の人でも知らなかった。

結局Aさんは無縁仏として葬られることとなった。

2ヵ月後、Aさんが住んでいた部屋に大家さんが訪ねてきました。

ここ2ヶ月Aさんからの家賃の振込みがなかったためです。

もしかしたら夜逃げかもしれないと思った大家さんは鍵を開けて部屋に入ると、
そこは人が住んでいたような雰囲気で、家具もそろっており夜逃げのようには思いませんでした。

「Aさーん、Aさーん」

呼んでみるも返事がない。

辺りを見回しても、あるのはベビーベッドに乗っかっている黒いキューピー人形だけだった。

母親が子供のために買ってやったのだろうと思って大家が何気なくその人形に手を伸ばした途端、その人形の体がガサガサと動き始めた。

そして見る見るうちに真っ黒だったその人形の体の色が白く変わっていった。

よくみると、それはゴキブリやハエがたかったことによって黒くなった赤ん坊の遺体だった。


Categories: 未分類


Comments are closed