友人が教えてくれた話。 ある男子高校生(W)が居て、姉が一人居た。姉は地方で一人暮らしをしていた。

Posted on 4月 4, 2015

友人が教えてくれた話。

ある男子高校生(W)が居て、姉が一人居た。姉は地方で一人暮らしをしていた。

ある日、Wの家に電話がかかってきた。電話をとったWの母は、血相を変えた。
姉が住んでいる地域で殺人がおこり、その被害者が、Wの姉である可能性が高い
というのだ。Wの両親は、姉が住んでいる地域へと向かった。
一人で留守番をしていたWの家に、宅急便が届いた。クール宅急便だった。
時間帯指定、品名は生もの。

よく見ると、そのガムテープには髪の毛らしきものがついている。確信を持って、
Wはそのガムテープを取ろうとした。瞬間、
「腐るから開けないで」
背後では、いつの間にか付いていたテレビが、首無し死体の身元発覚というニュース
を流していた。綺麗好きの、Wの姉のものだった。


Categories: 未分類


Comments are closed