去年の夏くらいの話。

Posted on 3月 3, 2015

去年の夏くらいの話。
一緒に住んでた彼が浮気して、女の家から帰って来なくなった。
好きだ嫌いだではなくて、悔しくて眠れなくなった。
精神的にヤバかったと思う。
食事も満足に取れないし、眠れないし、意識がある間は悔しい気持ちでイッパイだった。
数日徹夜して、気を失うように1、2時間眠る生活が数ヶ月続いた。
自分が別れる、寄りを戻すなんて考えは無くて
どうにかして別れさせようってばかり考えていた。
ある日。
彼が憔悴しきって帰ってきた。
相手の女が自殺を図ったのだという。
私とちゃんと別れ話をしていない、荷物も置きっぱなしがイヤだというのが原因らしい。
本当は戻るツモリなんじゃないの?と責められていたようだ。
彼は血に弱い人で、自殺に脅えて戻りたくないと言う。
スレ違いになるから省くけど、イロイロあって相手とは別れて私たちは寄りを戻した。
少し落ち着いてから、相手の家に居た時の話を聞いた。
毎晩のように金縛りにあっていたそうだ。
女も、穏やかな人だったのにヒステリーを起こすようになった。
一緒に居ると空気が重くて会話も少なくなり、
そんな状況が続いた事も自殺にまで追いやった原因のヒトツだろう。

数日前、二人で買い物に出かけた時に彼が突然身を隠した。
一人の女を指差して「あれがアノ時の女だ」と言った。
ぞっとした。
初めて会うはずなのに、会った事があるような感覚。
いや、間違いなく会っている。確信だ。
彼女の寝顔がハッキリと思い出せる。
隣には彼が寝ている映像も浮かんできた。

彼女の自殺の原因、そして彼の金縛りの原因は、私の生霊だったのだろうか?

見つかる前にと急いでその場を立ち去った。
しかし振り返ると、彼女と目があった。
怖かった。

そして今。
なぜか、彼は仕事で居ないのに人の気配がする。
姿は見えないけれど彼女のような気がする。
怖くて眠れない。
どうしよう・・・


Categories: 未分類


Comments are closed