俺が担当していた販売店から離れた区域では、とある家の前にまとめて新聞の束(というかブロック)が運び込まれ、そこから配達員が自転車や自前の車に積み込んで配っていた。

Posted on 5月 5, 2015

俺が担当していた販売店から離れた区域では、とある家の前にまとめて新聞の束(というかブロック)が運び込まれ、そこから配達員が自転車や自前の車に積み込んで配っていた。
待っている時間、積み込み作業ををしている時間は結構長い。
さて、その近くであり俺の担当である家にはよく吼える犬がおり、俺達が新聞の積み込みを終えて俺がそこに入れて去るまでずっとほえ続けていた。
言うまでもないことだが朝刊を配り始める時間にそんな騒音が続くのだから、洒落にならないトラブルが発生することになる。
ある日、その家に行くまで妙な違和感を感じていた。
そう、今朝はその犬の雄叫びを聞いていなかったのだ。そして鼻腔をくすぐるかすかな刺激臭。
妙に静かな犬小屋を見ると、例の犬が口から泡を吹き痙攣していた。
早朝にも関わらず家人を起こす。説明した後、俺は配達を続行。
しばらく配っていたらパトカーまで来ていた。
そうして静かな朝がもたらされた数日後、俺まで毒を盛った容疑者とされ取り調べられた。

近隣トラブルってやつは怖いね。


Categories: 未分類


Comments are closed