俺が中3で修学旅行の時の話。一通り見学した後旅館に行った。

Posted on 7月 7, 2015

シンプルだけどマジ怖かったから話します。

俺が中3で修学旅行の時の話。一通り見学した後旅館に行った。部屋は各自離れみたいな小屋に5、6人とかだった。みんなもやったと思うけど、修学旅行の就寝時間って早くて、部屋の電気真っ暗にされて、最初は寝たフリとかしてるんだけど、その後遊んでたりしたよね?
俺らもそんな感じで枕投げとかしてた。そしたら先生にバレたのかわからないけど、部屋のインターホンが『ピンポーン、ピンポーン!』って鳴った。
ヤバイと思い、とっさに布団を被って寝たフリをした。
先生は気のせいだと思ったのか、インターホンは止み、部屋まで入っては来なかった。
俺らは何分かして平気だと思って調子にノリ、またまた枕投げをした。
そしてさすがに気付いたのか、インターホンをさっきより以上に鳴らされた。
友達と顔を合わせて、さすがにバレたねって顔をしながら、渋々部屋のドアを開けた。すると、
誰もいなかった。友達と僕は唖然だった。友達もインターホンを聞いてたし、空耳では無いことは確かだった。
薄きみ悪くなって次の日、旅館のおかみさんの話を聞いてゾッとした。

『部屋にインターホンなんてありませんよ?』

未だに思い出してもゾッととします。


Categories: 未分類


Comments are closed