いい年をしてぶらぶらと遊び呆け、多額の借金をこしらえた男がいた。

Posted on 11月 11, 2014

いい年をしてぶらぶらと遊び呆け、多額の借金をこしらえた男がいた。
年老いた母親が八方頭を下げて男の借金を返してやり、
男は母親に連れられて実家へ帰ることになった。

ところが二人が乗り込んだフェリーは岸を離れたところで座礁して沈没し、
男と母親を含めた乗客たちは真っ暗な夜の海へと投げ出された。

水面に上がろうともがく男の足には、海藻が何度も絡みつき、
男はその度に水中深く引き込まれそうになった。
男は海藻を蹴りほどきながら、命からがら海岸まで泳ぎ着いた。

翌朝、浜辺には水死したフェリーの乗客の死体が多数打ち上げられた。
その中には、恨めしげな顔を浮かべた男の母親の死体もあった。
男は震えながら、傍で合掌していた地元の老人に尋ねた。
「じいさん、このあたりの海は海藻が多いんだろ?」

しかし、老人は首を振って答えた。
「いいや。石ころばっかりで、海藻なんか一本も生えてねえ海だよ」


Categories: 未分類


Comments are closed